不動産売却についての注意点

こんにちは。アールイーナビ株式会社です。
福岡不動産ご売却・ご購入をお考えのお客様のお手伝いをさせていただいております。
前回、不動産売却についての注意点を少し書いていきましたが、今回は、その後のお話をしていきたいと思います。

査定報告・売却活動の戦略などを聞いてから考えること

お持ちの不動産の査定報告や売却活動の戦略を聞いた後に考えることは、どこの不動産会社またはどこの営業マンに売却を依頼するかを考えることになると思います。

不動産をお持ちの方が、不動産会社に対して売却活動を依頼して契約することを「媒介(ばいかい)契約」といいます。中々耳慣れない言葉なので、難しい感じがするかもしれませんが、不動産会社からすると、「売却をお考えのお客様のお手伝いをさせていただきます。」といった内容になります。


媒介契約の種類について

媒介契約には、3種類の契約があります。
媒介契約について見るポイントは、

1. 売却活動を依頼できる業者の数について
2. 自己発見取引について(売主が直接買主をみつけてくること)
3. 不動産流通機構(レインズ)登録について

となります。

上記の「不動産流通機構」についてですが、不動産業者等により構成され、不動産取引の適正化と円滑化を目的とする組織のことをいいます。また、媒介契約が成立した後、依頼を受けた不動産会社は、原則、不動産情報を不動産流通機構(レインズ)に登録することになっています。


それでは、今から紹介する3種類の契約について、それぞれ確認していきたいと思います。

1つ目は、「一般媒介契約」になります。

1. 複数社可能です。
2. 可能です。
3. 登録の義務はありません。

2つ目は、「専任媒介契約」になります。

1. 1社のみに依頼することになります。
2. 可能です。
3. 登録の義務があります。

3つ目は、「専属専任媒介契約」になります。

1. 1社のみに依頼することになります。
2. 不可能です。
3. 登録の義務があります。


各媒介契約の特徴をご確認いただき、どの媒介契約が良いと思われますか。

少しお考えいただけたらと思いますが、複数社に依頼できるということは、「一般媒介契約」がよいのかなと感じる方もいらっしゃると思いますし、一方、信頼できる不動産会社1社に任せる「専属専任媒介契約」でした方がよいと思われる方もいらっしゃると思います。

「一般媒介契約」について

一般的に、一般媒介契約については、不動産会社からすると、他社も含めての依頼になるため、力の入れ方が弱い傾向にあります。
また、先ほど説明したレインズへの登録の義務がありません。
と考えますと、なんとなく不安に感じられる方も多いようです。

専任媒介契約」と「専属専任媒介契約」について

専任媒介契約専属専任媒介契約についての一番の違いについてですが、「自己発見取引」ができるかできないかという点になります。また、選任を受けた業者が不動産情報をレインズに登録すべき日数にも違いがあります。

この自己発見取引についてですが、不動産の売却を考えた際に、まずご家族やご親族の方など、身内の方にまずは打診することになる場合が多いようです。ですので、不動産会社に依頼をされる際には、ある程度の打診が終わっている傾向が強いのではないかと思います。つまり、ご自身で探せる範囲を当たってみたが、該当者がいないので、不動産会社に依頼しようという流れが一般的だと思います。

上記を加味して考えると、まずは、しっかりと信頼できる不動産会社・営業マンを探し、販売計画や販売の為の告知方法などを聞いて、ご納得できる所へお任せすることが良いかと思います。

不動産の売却を考えるにあたり、売却の経験があり業者さん間の調整等ができる方は、「一般媒介契約」でもよいと思いますが、不動産の売却経験がないということであれば、「専任媒介契約」または「専属専任媒介契約」を選ばれるのも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

最期までお読みいただきまして、ありがとうございました。
ぜひ、参考にされてみてください。